プロシアエイトのダイエット方法をさらに加速させる方法

プロシアエイトを飲み始めたら期待したいのがダイエット効果(体重減少)ですよね。

 

プロシアエイトは機能性表示食品。だからきっと飲めば痩せる…!と思うのは誰も同じ。

 

ですが注意しなければいけないのはプロシアエイトは薬ではないので、プロシアエイトを飲んでも食生活や日々の生活習慣を見直さなければ痩せることはできません。

 

プロシアエイトはあくまでダイエットの意気込みをサポートしてくれるサプリメントです。

 

といってもプロシアエイトを飲んで早く体重を落としたいですよね。

 

そこで私がプロシアエイトを飲みながら実践してすぐにダイエット効果が得られた方法をご紹介します!

プロシアエイトを同時に取り入れたい食生活

プロシアエイトを飲み始めたら、同時にスタートしてもらいたのが「糖質制限」です。

 

糖質制限ダイエットという言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

 

糖質制限ダイエットはその名の通り、1日に摂取する糖質を制限するダイエット方法です。

糖質制限ダイエットの仕組みとは?

普段食事を食べて糖質が体内に摂取されると私たち人の体内では血糖値が上がります。

 

血糖値があがると膵臓からインスリンが分泌され、このインスリンは筋肉や肝臓にエネルギーを貯蔵します。

 

日常生活の中で運動をするとこの蓄積されたエネルギーが燃焼されて使われていきますが、エネルギー消費量が貯蔵された量よりも少ない場合、余ったエネルギーは体脂肪として体に蓄積されてしまいます。

 

あなたの気になるウエスト周りの脂肪、太ももについたセルライトはこの繰り返しの結果です。

 

ですが、糖質制限をすると糖質を摂取する量が少なくなるのでインスリン分泌が抑えられ、蓄えられるエネルギーも減少し、結果的に体脂肪が蓄積されにくくなります。

 

さらに糖質制限をすると糖エネルギーの代わりに蓄えられた脂肪からエネルギーを作り出すようになるので効率よく体脂肪をエネルギーとして燃やすことができるのです。

 

仕組みはとっても単純。しかも糖質制限は糖質を制限するだけでカロリー制限はしなくてもOKなので満腹になるまで食べてOK!なんです。

 

空腹感を感じると食べてしまう、おなかが満たされるまで食べたい!といった人向けのダイエット方法です。

糖質制限で制限するもの

糖質制限は1日に摂取する糖質量を抑えますが、目標は1日100g以下に抑えることです。

 

ちなみにごはん1杯で糖質は55gほどあります。つまり、可能な限り白米は避けるのがベターです。

 

糖質制限で制限する代表的な食材はごはん、菓子パン、うどん、お菓子、細かく見ていくとみりんやケチャップなども糖質が多いのでNGです。

 

野菜は食物繊維だから食べてもOK?と思われがちですが、野菜でもジャガイモ、さつまいも、カボチャは糖質が多いので控えてください。

 

ただ、いきなり主食を抜くのはつらいと感じる方も多いと思います。

 

1日3食すべていきなり制限しても後々つらくなってドカ食いを引き起こしてしまうので、1日のうち1食だけ炭水化物を抜くことから始めてみましょう。

 

例えば、夕ご飯の炭水化物を抜いてみてください。

 

ごはんを食べないとお腹が膨れないからつらい!という方は炭水化物の代わりにおからで作ったおからケーキ等がおなかにたまるのでお勧めです。

 

ちなみに菓子パンが好きな方は要注意。菓子パンは1つで糖質が50g〜70gもあるので、基本的に糖質制限中はNGです。

プロシアエイトを飲んでも1日3食ガッツリ炭水化物を食べてさらに間食!といった食生活ではいつまでたっても痩せません。

 

どんなダイエットでも共通して言えることですが、本人の努力なくしてダイエットは成功しません。

 

本気で結果を出したいのであれば〇〇までに〇kg痩せる!と目標をもって、しっかりとダイエット計画を立ててダイエットに取り組んでくださいね。

 

 

\\機能性表示食品//

↓プロシアエイトはこちら♪↓

https://graceas.jp

▲本気で痩せたい人向けです▲